<< CoffeeBreak ただひとつに向かって >>

あなたの力を

a0106834_14421673.jpg



世の中には、自分の力や医学ではもうどうしようもなく
誰かに頼らなければ生きることさえ選べなくなってしまっている人がいます。


私でも力になれるなら・・・と、
先日骨髄バンクへドナー登録してきました。
そして同日の夜、臓器提供者意志表示をしました。


事情があって10年近く登録できずにいましたが、
あることがきっかけで登録する決心がつきました。


「自分の出来ることを」


骨髄バンクへの登録、臓器提供の意思表示は、私に出来ることだった。
だから実行した。


現在、骨髄バンクのドナー登録者数は24万人(2006年2月)。
登録者数が30万人になると、現在移植を希望する患者さんのほとんどに
ドナーが見つかるといわれています。


気になっていた(いる)方、
何か(誰か)の役に立ちたいと思ったことのある方、

骨髄バンクドナー登録、臓器提供者意思表示カードの携帯を
考えてみてはいかがでしょうか。

登録には
勇気・・・・がいるのかもしれません。
でも、その勇気は放っておいたら確実に消えてしまう命を救えるかもしれない。


骨髄バンクへドナー登録してからといって、
すぐに移植するわけではありません。

自分の白血球の型(HLA型)が、移植を希望している患者さんの型とマッチして
初めてドナー候補に選ばれます。

その後、提供するまでの間、コーディネーターさんによる面談や説明、
そして同意、各種の検査が行われ、最終合意して初めてドナーとなります。

骨髄提供に関しては、いろいろな話が飛び交っております。
私に何かある確率は、患者さんの命が消えてしまう確率より数段に低い。

「生きる」ことに直面している方の力になりたい。

「生きている」ことが当たり前に思えてしまっている、
そんな私に出来ることは、ドナー登録しかなかった。


LHA型が一致する確率は
兄弟姉妹で1/4。

血縁関係意外となると数百~数万分の一まで落ちます。


私が登録したところで、確かに数値はほとんど変わらないでしょう。
でも、私と同じように他の人が1人、また1人登録すれば・・・・?










偽善と思われる方もいらっしゃるでしょう。

でもね。

偽善で体がはれるでしょうか?
見ず知らずの方に、自分の体の中の一部を差し出す決心がつくでしょうか。

ここには皆さんの「善意」だけ

私はそうだと思っています(^^)



いろいろな事情により、登録が出来ない方もいらっしゃると思います。
やらないこと、やれないことがいけないことではありません。
真剣に考えてるからこそ、悩んでいらっしゃる方もいるとおもいます。
葛藤してる方もいると思います。

そんな気持ちがうれしいと、
私は思うのです。


コレだけは忘れないでください・・・・

☆骨髄移植推進財団
http://www.jmdp.or.jp/


☆日本臓器移植ネットワーク
http://www.jotnw.or.jp/


[PR]
by makisamaID | 2008-04-22 14:41 |
<< CoffeeBreak ただひとつに向かって >>